第1回「ファシリテーション型リーダーに必要な5つの技術」

第1回「ファシリテーション型リーダーに必要な5つの技術」

サイコムブレインズ主催で、2月21日 開催!

2回シリーズの第1回目は「ファシリテーション型リーダーに必要な5つの技術」の1番から2番までを解説します

かつての日本は「ボス型リーダーシップ」が組織に成果をもたらした。いわゆる、縦型の指示命令型のリーダーシップである。ところが、働き方の変化、コロナ禍等の不確実性の高い時代には、部下の独自性を伸ばし、チームのアイデアを引き出す、「ファシリテーション型リーダーシップ」が必要とされている。このリーダーシップには、5つの技術を身につける必要がある。1、「場」つくる技術(心理的安全性)2、傾聴技術(カール・ロジャース提唱のアクティブリスニング)3、メンバーのアイデアを引き出す技術(ショートブレストの構造を理解)4、自分を伝える技術(自身の経験価値を明確化ことによりプレゼンス力を高める)5、自分の意識を整える技術(ゲシュタルト心理療法のホメオスタシスを理解)

2回シリーズの第1回目は、「場」つくる技術傾聴技術に関してレクチャーします。私自身が30代は「ボス型リーダーシップ」で組織に成果をもたらしていましたが、組織の成長過程で限界を感じ、「ファシリテーション型リーダーシップ」に移行しました。そこで必要だったのが、チームメンバーとの信頼関係を築くための「場」つくりでした。心理療法の「ポリヴェーガル理論」では安心安全であると感じることが、副交感神経の80%を占める迷走神経に影響を与え、人の対人関係的行動を促進させるというエビデンスが出されています。傾聴技術は、カール・ロジャース提唱のアクティブリスニングを、お伝えしますが、この技術はリーダーと部下が一緒に成長を感じ取ることができ、深い信頼関係を築くことに役立ちます。

詳細と申込は以下から


 

 ビジネスセラピーワークショップ開催します

 ビジネスセラピーワークショップ

~シリーズ1「傾聴技術を磨く」~

<対象>

コミュニケーション力を高めたい方

部下との関係性を深めたいリーダー層

「傾聴」というテーマに興味のある方

<内容>

ZOOMによるオンラインワークショップで、参加者とファシリテーターとのオープンワークを中心に「傾聴」を学んでいきます。「傾聴」「コーチング」「ティーチング」の違いと目的をレクチャー。私は現場で、3つを使い分けるので「傾聴」と「コーチング」の使い分けも今回のテーマにしています。

<プログラム>

・アクティブリスニングによる傾聴とは(レクチャー)

・ファシリテーターとのオープンカウンセリング

・参加者同士のワーク

・シェアリング

<定員4名>

*ZOOMでの顔出しお願いします

*参加者のワーク内での内容に関しては守秘義務を守ってください

(レクチャー等はその限りではありません)

*クライアントとして自身のテーマを1つお持ちください

*金額 5千円

*日時  12/27      10:00-13:00

*申込先 https://kiritanikoji.com/contact/

第二会社方式での企業再生( 株式会社ジェイアンドジェイ の場合)

第二会社方式での企業再生( 株式会社ジェイアンドジェイ の場合)   

<業種 >

居酒屋運営

<再生スキーム>

第二会社方式 

<スキームの概要 >

対象事業者は、事業譲渡によりスポンサーが出資する新会社に対し、事業継続に必要な資産・負債及び負担可能な債務を承継。新会社は、スポンサーから出資及び必要資金の融資を受けるともに代表者等の役員派遣を受け、事業基盤の改善強化を図る。旧会社に残置された債務については、特別清算等の法的手続により処理。 

【スキーム図】 

情報提供:地域経済活性化支援機構

第二会社方式での企業再生(株式会社トヨシマ の場合) 

第二会社方式での企業再生(株式会社トヨシマ の場合)   

<業種 >

産業部品製造

<再生スキーム>

第二会社方式 

<スキームの概要 >

トヨシマは、吸収分割の方法でスポンサーの100%子会社である承継会社に対し全事業を承継し、承継会社は分割対価として新株発行を実施する。旧会社は新株全てをイチネンホールディングスに譲渡すると共に、非承継資産の換価額を以て弁済を実施し、残債権の免除を依頼する 

【スキーム図】 

情報提供:地域経済活性化支援機構

第二会社方式での企業再生(宮崎カーフェリー株式会社 の場合)

第二会社方式での企業再生(宮崎カーフェリー株式会社 の場合)

<業種 >

海上運送業

<再生スキーム>

第二会社方式 

<スキームの概要 >

宮崎カーフェリー株式会社は新会社に対し、会社分割によって事業を承継させ承継対価を取得する。宮崎船舶有限会社は、新会社に船舶二隻を譲渡して船舶譲渡対価を取得する。宮崎カーフェリー株式会社と宮崎船舶有限会社は、それぞれ承継対価及び船舶譲渡対価を主な原資として債権者に対し弁済を行い、返済できなかった残債務は特別清算等の法的整理により処理する。 

【スキーム図】 

情報提供:地域経済活性化支援機構

第二会社方式での企業再生(トリスミ集成材株式会社  の場合)

第二会社方式での企業再生(トリスミ集成材株式会社  の場合)

<業種 >

集成材の製造販売

<再生スキーム>

第二会社方式 

<スキームの概要 >

トリスミ集成材は、スポンサーの100%子会社である承継会社に対し、全事業及び負担可能な債務を承継。承継債務の内、持込金融機関以外の金融債務をスポンサーがリファイナンスし、持込金融機関に対する金融債務は事業再生計画に基づき収益弁済する。旧会社は非承継資産の換価および担保処分を行った上で残債権の免除を依頼する。奈良県大規模木造協同組合は資産換価後トリスミ集成材からの免責的債務引受を行った上で存続。 

【スキーム図】 

情報提供:地域経済活性化支援機構

第二会社方式での企業再生( 田坂鉄工建設株式会社 の場合)

第二会社方式での企業再生( 田坂鉄工建設株式会社 の場合)

<業種 >

建設業

<再生スキーム>

第二会社方式 

<スキームの概要 >

田坂鉄工建設は、吸収分割により、スポンサーが設立する新会社に対し、吸収分割にて事業に必要な資産負債及び権利義務を承継する。対象事業者は吸収分割で取得した新会社株式をスポンサーに譲渡し、譲渡代金を負債の弁済に充当。返済できなかった残債務については、特別清算手続において免除を受ける。 

【スキーム図】 

情報提供:地域経済活性化支援機構

第二会社方式での企業再生( 勝浦漁業協同組合 の場合)

第二会社方式での企業再生( 勝浦漁業協同組合 の場合)

<業種 >

協同組合

<再生スキーム>

第二会社方式 

<スキームの概要 >

対象事業者は、県漁連に販売事業等及び那智勝浦町に市場関連不動産を譲渡。機構が金融機関等から債権を買取り、譲渡代金から弁済を受け、保証解除及び残額の債権放棄を実施。対象事業者は債権放棄を受けた後に清算。 

【スキーム図】 

情報提供:地域経済活性化支援機構

第二会社方式での企業再生( 株式会社亀田組 の場合)

第二会社方式での企業再生( 株式会社亀田組 の場合)

<業種 >

建設業

<再生スキーム>

第二会社方式 

<スキームの概要 >

亀田組は、吸収分割により、新会社に対し、主力事業及び負担可能な債務を承継。新会社は、出資者から出資及び運転資金枠の設定を受ける。旧会社は、資産処分し、負債の返済に充当。資産売却代金で返済できなかった残債務については、特別清算等の法的整理により処理。 

進興は、上記吸収分割の実施前に吸収合併により、資産負債を亀田組に承継し消滅。 

【スキーム図】 

情報提供:地域経済活性化支援機構